一般財団法人 長寿社会開発センター

文字の大きさ

書籍のご注文

高齢者の生きがい健康づくり

ねんりんピック

第33回 ぎふ大会

2021年10月30日(土)〜11月2日(火)の4日間、岐阜県内42市町村で第33回全国健康福祉祭ぎふ大会(ねんりんピック岐阜 2021にーぜろにーいち)が開催されます。
ぎふ大会の最新情報は公式サイトをご覧ください。

ねんりんピック岐阜2020

基本方針

世界でも類を見ないスピードで少子高齢化が進んでいる我が国においては、健康寿命を延ばすとともに、高齢者はもちろん、全ての人々が、生涯健康で活躍できる社会づくりが求められています。

第33回全国健康福祉祭ぎふ大会は、山紫水明の自然に恵まれ、世界に誇る伝統と文化を育んできた「清流の国ぎふ」に住む県民の温かさと熱意、そして「オール岐阜」による心のこもったおもてなしで全国の皆さんをお迎えし、次の目標を掲げて開催します。

大会の目標
「スポーツ・文化の振興」を図り、東京オリンピック・パラリンピックにつなげる大会

本大会は、誰もがスポーツや文化に「親しみ」、「楽しみ」、「支える」活動に参画し、その楽しさ・素晴らしさを実感するとともに、「スポーツ・文化」の一層の振興を図り、東京オリンピック・パラリンピックにつなげる大会とします。

「健康長寿」の素晴らしさを確かめ合う大会

岐阜県では、高齢期においても住み慣れた地域で、健康で心豊かなくらしを送ることができるように、スポーツや文化活動を通じた高齢者の健康・生きがいづくりを推進しています。

大会で活躍する高齢者をはじめ、参加する全ての人々が「健康長寿」の素晴らしさを実感し、生涯を通じての健康づくりに取り組むきっかけとなる大会とします。

「地域共生社会」実現の契機となる大会

生涯を通じて健康で生きがいを持って暮らし続けるためには、高齢期になってもいきいきと活躍でき、地域で皆が支え合える仕組みづくりが求められています。

年齢や障がいの有無に関わらず、あらゆる人々がそれぞれの立場で多様な能力を発揮し、交流とふれあいを広げることにより、地域、暮らし、生きがいを共に創り、高め合うことができる「地域共生社会」の実現に向けた大会とします。

このページのトップへ
お問い合わせ